読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い猫の来た道

日々つれづれ

春の宵

f:id:nekomaru44:20170318205245j:image

通奏低音のように常に響き続けるかなしみと。
決して埋まることのない孤独のこころと。

春の宵は、ゆらゆら揺れる。