読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い猫の来た道

日々つれづれ

寄り添いながら書く

ことば 思うこと

f:id:nekomaru44:20170204152507j:image

若松英輔さんの読書会について書いたブログをTwitterでシェアしたら、若松さんご本人の目に留まり、なんとTwitter上でリプライまでいただいた。

 

「ゆっくり、ほんとうに感じていることに寄り添いながら書いてみてください。」
という言葉が添えられていた。

 

ほんとうに感じていることを、そのまま書くというのは、とても難しい。
誰かに見せることを前提に書いているものは、どこか他人の目線を意識して飾ってしまったり、小さな見栄を混ぜてしまったりする。
自分が何をほんとうに感じているのか、わからないこともある。
わかっていても、言葉で的確に表現できないこともある。

 

それでも、寄り添うことはできると思った。
自分が感じていること、心に、寄り添うことはできる。
人に誇れる自分でなくても、人に言えないようなことを感じていたとしても、寄り添うことはできる。

 

それを、拙くてもいいから、少しずつ、丁寧に言葉にしていけばいいと思った。

 

折しもこのブログを始めたばかりで、書くことにようよう自分のペースで向き合いたいと思っている時にいただいた言葉だった。
これから、ずっと大事にしていきたい。

 

↓読書会のレポはこちら