読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い猫の来た道

日々つれづれ

衝動

f:id:nekomaru44:20170212190916j:image

今の仕事以外の場所で、もうひとつ社会と繋がる場所を持ちたいと思っている。
別の仕事でも、活動でも。
私はピアノを教える仕事をしているのだけど、そこだけに限らずに、自分のできることで社会と繋がっていきたいという気持ちがあるのだ。
ピアノ講師、というのが私の肩書き。
ピアノを教える仕事は、終わりのない、創造性のある素晴らしい仕事だと思っている。
でも、その肩書きだけで自分が語られてしまうことに違和感があって。
音楽は私にとって、仕事にできて、尊敬するものではあっても、私自身を賭けられるものとは少し違っているのだ。
だから、自分と社会との繋がりを音楽だけに限定したくないのだ。
今さら何を言っているのか?と自分で突っ込んだり。

仕事の大変さから逃げたいだけではないの?と思ったり。
別の活動なんて考えていないで、本当はもっと音楽の仕事に没頭しなければならないんじゃないの?と思ったり。
ぐるぐるしている。
それでも、今までと同じ生き方のままだともう、今の自分にとっては何かが違うんだなということだけはっきりしている。
それでは、何をしたいんだろう?と言われると、そこもはっきりしなくて。
よくわからないまま、年が明けてから、ただただ今の私がやりたい、文章を書くことと、本を読むことを、セーブすることなく、やりたいだけやっている。
なにがなんだか。大丈夫か私よ。
これが何に繋がるかは、よくわからない。どこに繋がるあてもない。
それでも、なにがなんだかわからないままでも、自分が感じることはそのまま肯定していこうと思っている。


これはいやだ。
あれが好き。
こういうことをやってみたい。
あれはやりたくない。
そんな感覚で、生き方を決めてきたことなんてなかった。
私にとって人生の選択は、いつも「こうあるべき」で、何かを感じることすら、その枠組みにできるだけ収まるように気をつけていた。
我ながら、息苦しいね。
それはそれで、今までの私にとっては精一杯のことだったのだ。
でもこの先、自分の心の本音にもっと寄り添おうと思う。

 

全然まとまらない文章。
そのままの通り、まとまらない何かが自分の中にすでにある。
その衝動を、大事にしていこう。