白い猫の来た道

日々つれづれ

6月に読んだ本

6月に読んだ本です。ジャンルが多岐に渡ってますね。 印象深いのは、「チベットを馬で行く」と「大奥」です。 「大奥」の続きは怖くもあり、楽しみでもあり。 よしながふみさんの凄さを味わっております。 6月の読書メーター読んだ本の数:24読んだページ数…

5月に読んだ本

5月に読んだ本です。この月は「日本残酷物語」がとにかく強烈でした。 あまり知られることのない日本の負の歴史。今こうして生きていることは、凄いことなのだなと痛感します。 5月の読書メーター読んだ本の数:9読んだページ数:2578ナイス数:138桐原家の…

チベットを馬で行く

渡辺一枝さんの「チベットを馬で行く」という本を読んでいる。 私は数年前から、読みたい本を手帳の後ろに書いてリストを作っていて、その順番に沿って少しずつ読み進めている。今は2014年のリストだ。この本もそのリストに載せていたものなのだけど、どこで…

4月に読んだ本

4月は黙々と本を読んでいた時間が多かったので、読了の冊数がかなり多くなりました。 シリーズ物を同時並行で読んでいたので、すぐに次を読みたくなって回転ペースが早かったのもありますね。茅田砂胡さんの「トゥルークの海賊」。 上橋菜穂子さんの「精霊の…

3月に読んだ本

3月に読んだ本です。 何作かのシリーズものに手をつけています。 長い作品は世界観に入り込む時間も長く、愛着が湧くので、なんだか読み終えるのがもったいなかったりもするのですよね。 じっくり楽しもうと思います。 3月の読書メーター読んだ本の数:16読…

本を読んでいます

本を読んでいます。ええ、本を読んでいるのです。物心ついた頃から本を読んでいる記憶が随所にあるのですが、最初に読んでいたのは家にあった日本昔話の全集みたいなもので、その本を繰り返し繰り返し何百回と読んでいました。一番覚えている話は「キジも鳴…

2月に読んだ本

2月に読んだ本です。 2月は小説が多かったですね。 「蜜蜂と遠雷」の存在感がダントツです。とにかく凄かった。素晴らしかった。 「ソロモンの偽証」も続きが楽しみです。 宮部みゆきさんの現代ミステリーは生々しく心を抉ってくるので、読むのに気合がいる…

アカミチフルホンイチに行ってきました

今日、新潟市の東区プラザで開催されたアカミチフルホンイチに行ってきました。久し振りの一箱古本市です。一箱古本市は東京の不忍で始まったイベントで、店主さんが箱やスーツケースに古本や雑貨を並べて売るイベントです。新潟でもいろんな地域で開催され…

「正しい家計管理」で家計を見直してみた

昨年末に読んだ、林 總(はやし あつむ)さんの「正しい家計管理」。2014年の読みたい本リストの中にあったものの、どこで知ったのか覚えてなかったのですが、この本をリストに入れた当時の自分にグッジョブと言ってあげたい良書でした。 突然ですが、私は個…

1月に読んだ本

1月に読んだ本。 振り返ってみると、どれもとても濃ゆい… 1月は密度の濃い読書ができましたね。 1か月に10冊くらい読むのがちょうどいいペースなのかなと思いました。 本当はもっと読みたいのだけど、1冊1冊とちゃんと向き合いたいし、読書のほかにもやりた…

若松英輔「悲しみの秘義」読書会 at 北書店 レポ

何かを訴え、人を惹きつける演奏がされるとき、客席が、一段も二段も深い静けさに包まれる時がある。心を向けて、さらにその演奏から何かを聴き取ろうとする客席の意志が、しんとした沈黙として場を覆うのだ。 1月30日(月)に参加した、著者の若松英輔さん…

休日ですよ

今日は、何も予定を入れていない休日。今年に入ってから、できる限り週に1日は1人になってゆっくり休む日を作ろうと思っている。心身の調整日。 朝は目覚ましをかけた8時の1分前、7時59分に目が覚めた。おお、すごい。今、時計をオーバーホールに出していて…