読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い猫の来た道

日々つれづれ

東京への旅とその後

f:id:nekomaru44:20170429180848j:image

しばらく、ブログを放置していました。
何も書けなかったからです。


3月の後半に東京に2泊3日で旅行して来ました。
その3日間で体験したこと。感じたこと。ここ数年の間手探りで模索し考えてきたこと。
悲しいことがあったわけではないのですが、大切な人たちと過ごせた時間も含めそれらが全て繋がるようにして、自分の一番底にある、自分に対する負の思い込みが姿を現しました。


その思い込みが原因で、今までたくさんのことに傷ついてきました。
良くない意味で、人生の方向を決定する役割を担ってきました。
それは、まるで呪いのようだなと思いました。


その正体がわかったところで、「よし原因はわかった、問題の半分は解決したも同じ!」というような前向きな気持ちにはなれませんでした。
むしろ呆然としました。この呪い、どうやったら解けるの?と途方に暮れました。
そして、自分が今まで生きてきた道のりに、情けなさや恥ずかしさを感じたのです。


それと時を同じくして、仕事や生活でちょっとしたトラブルが重なり、いっぱいいっぱいになってしまったので、ブログはもちろんSNSからしばし遠ざかりました。
何か書くことはおろか、誰かのちょっとした呟きを読むことすらも辛かったからです。
本を読むのだけはなぜか平気だったので、かなりの時間を読書に没頭して過ごしました。
そのほかは淡々とした日々の生活の繰り返し。
そうやって気がついたら1ヶ月ほど過ぎていました。
気がつくと、乱れていた生活が規則正しくなっていて、精神的にも落ち着いていました。


ある日、するりと「でもさ、私一生懸命頑張ってきたよね」と思いました。
心に深く刻まれていた負の思い込みに振り回されたり、自分も他人も傷つけたり、若さゆえの浅さと未熟さで失敗ばかりしてきたけれど、それでもその時の一生懸命さで生きてきたよね、と、すとんと自分のこれまでの人生を受け入れられたような気がしました。
原因はよくわかりません。よくわからないのですが、これまで自分と向き合ってきたこと、そして、3月の東京で経験したことが今度は良い方に繋がって、自分を支えてくれているのではないかと感じています。


そして、自分の人生を受け入れるのに、誰かの承認はいらないのだなと思いました。
誰かが好きになってくれたから自分を受け入れられるのではなく。ただ自分が自分を受け入れること。それが、自分にはできるというひそやかな自信がいつの間にか心の底に生まれていたのです。


呪いのような思い込みは、おそらく一生消えることはないと思います。
でも、それを抱えながら幸せになる方向に舵をとっていくことはできる。
そう思えることが今は嬉しいです。


先日読んだ萩原朔美さんのエッセイ集に、旅に関するこんな文章が載っていました。
『元来日本の旅というのはサイトシーイングじゃない。観光だ。光を観る為の旅。光というのは神だろう。神に出会う為の行動。巡礼や彷徨も、神への旅だ。あるいは、神というものを引き合いに出しながら、実は自分自身と出会う為の行為だったのかも知れない。』萩原朔美著「毎日が冒険」より


私は東京への旅で、自分自身に出会ったのだと思います。

3月に読んだ本

3月に読んだ本です。
何作かのシリーズものに手をつけています。
長い作品は世界観に入り込む時間も長く、愛着が湧くので、なんだか読み終えるのがもったいなかったりもするのですよね。
じっくり楽しもうと思います。


3月の読書メーター読んだ本の数:16読んだページ数:4200ナイス数:121虚空の旅人 (新潮文庫)虚空の旅人 (新潮文庫)感想精霊の守り人シリーズ4作目。皇太子チャグムが南のサンガル王国へ儀礼のために訪れたところから話は始まります。海賊から国を興したサンガル王国の荒々しい海の男たちと、陰で暗躍する切れ者の女たち。守り人シリーズは各国の文化や国民の特徴が緻密に作り込まれていて面白いです。王が国における神聖な存在であったり、清と穢れの概念がある新ヨゴ皇国は、どこか日本の成り立ちに似ていますね。南の大陸から動乱の気配が流れて来て、今後の展開に繋がっていく模様。その中でチャグムがどう成長していくのか。楽しみです。読了日:03月02日 著者:上橋 菜穂子
ものがたりのある一皿 季節のおもてなしレシピものがたりのある一皿 季節のおもてなしレシピ感想以前雑誌で見かけた料理研究家・行正り香さんの記事がとても素敵だったので、本書を手に取ってみました。2004年刊行なので、当時はまだ広告代理店に勤めながらの活動だったのですね。季節のレシピとエッセイが組み合わさっています。文章からにじみ出る柔らかく繊細で、優しさあふれるセンス。そして美味しそうな料理の数々。ふんわりと穏やかな気持ちになれる本でした。現在の行正さんの活動も追いかけてみようと思います。読了日:03月04日 著者:行正 り香
ひっこしましたひっこしました感想イラストレータ杉浦さやかさんの、物件探しから部屋づくりまでのレポ。素敵なイラストと写真がたくさんでイメージがしやすく、楽しく読めました。自分たちで本棚やポストを作ったり、玄関にタイルを貼ったり、庭を作ったり。古い家ならではのトラブルへの対処の方法も。古い家やDIY好きの人にはたまらない内容だと思います。暮らしを作っていくって、しみじみ面白いことですね。読了日:03月06日 著者:杉浦 さやか
ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)感想悪意と恨みと身勝手さが連なり、盤の上でオセロが一気に真っ黒くなっていくように災厄が重なっていく。その中で、自分の未熟さや次々と起こる事件の推移に翻弄されながらも、中学生たちの良心がきらりきらりと光る。涼子が決断したこととは。次巻へ急ぐ。読了日:03月07日 著者:宮部 みゆき
天使たちの課外活動2 - ライジャの靴下 (C・NOVELSファンタジア)天使たちの課外活動2 - ライジャの靴下 (C・NOVELSファンタジア)感想このシリーズで新たに出てきた登場人物のトゥルークの僧侶・ライジャが、とてもいいアクセントになって金銀黒天使と話を進めていきます。お話の骨格と、登場人物たちの設定の妙が見事。2巻ではビアンカも再登場で、とても楽しめました。読了日:03月08日 著者:茅田 砂胡
神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)神の守り人〈上〉来訪編 (新潮文庫)感想新ヨゴ皇国の隣、ロタ王国の秘密に図らずも巻き込まれていくバルサとタンダ。身体の内に殺戮の神を宿した少女を、国のために殺そうとする者たちと、守りながら生き延びる道を探すバルサたち。今回の話を読みながら、人と斬り合いながら生きてきたバルサを、シリーズを通して「守る人」に変えていく著者の心に、なんだか胸が熱くなりました。下巻も楽しみです。読了日:03月10日 著者:上橋 菜穂子
別冊Arne2010年3月15日発行別冊Arne2010年3月15日発行感想イラストレーターの大橋歩さんが、2002年から2009年まで1人で作っていた雑誌「Arne(アルネ)」を作ったきっかけや、どういうふうに作っていったかが書かれた別冊です。自分の好きなものを、自分の身の丈で作ることの楽しさや難しさ。今はリトルプレスも増えていますから、同じように試行錯誤して雑誌を作っている方も多いのでしょうね。読んでいてわくわくする内容でした。読了日:03月11日 著者:Arne
世界で一番のねこ世界で一番のねこ感想コンテストで1等賞を取って可愛がられていた美しいねこ・エトワールは、ひふの病気で美しくなくなったために、飼い主から捨てられてしまいます。そこで出会ったおじいさんの家で、ねずみを捕まえる仕事を任せられるエトワール。もう2度と捨てられないために、もっとおじいさんに褒められたくて、なによりねずみ捕りが楽しくなったエトワールはどんどん腕を上げていきますが…というお話。自分が自分らしくあること。そして、愛すること、愛されることは、いったいどういうことなのか。短いお話の中に、大切なことがぎゅっと詰まっていました。読了日:03月12日 著者:藤野 恵美
神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)神の守り人〈下〉帰還編 (新潮文庫)感想凄まじい殺戮の神を宿した少女と、その兄を守る、バルサとタンダ。あまりに大きすぎる力を持たされたために、国内の不穏な動きや思惑に容赦なく巻き込まれていく兄妹の過酷な運命に胸が痛みます。そして、そのきっかけが実の母親だということも。少女が下した決断と、終章のバルサの言葉が胸を打ちます。最後に児玉清さんの解説を読めたのが望外の嬉しさでした。読了日:03月13日 著者:上橋 菜穂子
恋愛呼吸恋愛呼吸読了日:03月13日 著者:服部 みれい,加藤 俊朗
天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店 (C・NOVELSファンタジア)天使たちの課外活動3 - テオの日替り料理店 (C・NOVELSファンタジア)感想料理は飛び抜けて美味しいのに潰れかかっているお店の立て直しを図るリィとシェラ。爽快感のある文句なしの面白さ。主要な登場人物が被っているデルフィニア戦記からずいぶん遠いところに来た感がありますが、これはこれで面白いのが茅田砂胡さんのすごいところですね。読了日:03月14日 著者:茅田 砂胡
永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)永遠の仔〈1〉再会 (幻冬舎文庫)感想12歳で殺人に手を染めた3人の少年少女が、17年後に大きな運命に引き寄せられるように再会し、展開していく物語です。「大人によって人生を踏みにじられた子供たち」が大人になり、かつて自分が受けた痛ましい傷をまた子供へと繰り返す、負の連鎖が生み出す悲劇。重い話ですが、とても引き込まれます。1巻はまだ事件の導入部。次巻へ進みます。読了日:03月19日 著者:天童 荒太
天使たちの課外活動4 - アンヌの野兎 (C・NOVELSファンタジア)天使たちの課外活動4 - アンヌの野兎 (C・NOVELSファンタジア)感想あとがきで番外編と位置付けられていました。珍しく、なんとも牧歌的なお話。登場人物が魅力的、悪い人が出てこない、とにかく美味しいものがたくさん、と3拍子揃って文句なしの面白さ。 美味しいものを食べたくなりましたよ。読了日:03月20日 著者:茅田 砂胡
あたらしい結婚日記あたらしい結婚日記読了日:03月27日 著者:服部 みれい
明日の子供たち明日の子供たち読了日:03月30日 著者:有川 浩
神様の御用人 (メディアワークス文庫)神様の御用人 (メディアワークス文庫)感想ある日突然、神様の御用を聞いて回る「神様の御用人」を命じられたフリーターの良彦。狐の姿をした神様・黄金(こがね)と共に、神様たちの願いを叶えようとするお話です。のほほんとゆるいながらもほっこり心温まるお話の数々。気軽にさくさく読める面白さも魅力です。続きも読んでみようと思います。読了日:03月31日 著者:浅葉なつ
読書メーター

不安定

今年の春は、何やらいつもよりも気分が乱高下しています。不安定。
周りでもそう言う人がちらほら。なんでしょうねえ。天気とかかな。

思い込みで傷ついたり、深刻になったり、考えすぎたりしないこと。
早めに寝て、体と心を休めること。
何かを決めたり行動するのは、落ち着いてからでも大丈夫。
不安定でもまあいっか、くらいでいこうと思います。

f:id:nekomaru44:20170322221442j:image

傍若無人なまでに欲求の赴くままに生きる実家の猫を見習おう。

春の宵

f:id:nekomaru44:20170318205245j:image

通奏低音のように常に響き続けるかなしみと。
決して埋まることのない孤独のこころと。

春の宵は、ゆらゆら揺れる。

明け方に

f:id:nekomaru44:20170316220102j:image

明け方目が覚めて、気持ちが張り詰めているのに気づいた。
ぼんやりした頭で水を飲んでいると、いつもとは違う考えがふっと頭に浮かぶ。寝起きにはこういうことが多い。心のどこかからの示唆のように思う。
ここのところ頑張りすぎていた。
仕事を丁寧に。生活を丁寧に。人と向き合うことを丁寧に。
とても大切なことだけれど、気がつくと丁寧に「しなければならない」になっていることがある。
わたし、けっこう適当な人だったと思うのだけれど。
きちんとしたいならすればいいけど、だらだらする時があったって、別にいいじゃないの。
やれやれと思いながら布団に潜って、翌日は仕事以外は思う存分だらだらした。
でも、だらだらするだけでも飽きる。きちんと、も好きなんだ。
きちんと、と、だらだら、と。
そのときそのときの心が欲するままにやっていこう。